投稿日:

技を楽しむ~工芸の美 2018~ に行ってきました

先月に京都(ポルタギャラリー華)にて開催されていた展示会
【技を楽しむ~工芸の美 2018~】

様々な工芸作家さんが出品されているということで…こっそりお邪魔させていただきました。

伝統工芸というだけあって一室見渡すかぎりどれも素敵な作品で溢れていました。
なかなかこの様な展示会に行く機会がないので、内心ウキウキしつつ展示品を堪能する私

遠目から見ても分かるほど、作品一つ一つが丁寧に作り込まれていて
繊細な模様であったり、素材の良さを引き出しつつ色使いにこだわったりと…

作家の数だけアイデアがあるとは正にこのことですね。

 

その中でも一番心惹かれたのが『安田 公子氏』の切子硝子でした。
なんと今回はご本人様にお会いできたので行ってよかった~(ガッツポーズ)

今回の展示では新色も追加されたとのこと


色硝子を重ねてこれだけの色合いが作り出せるのかと…もう凄いの一言です!!!
見る角度によって色々なカラーを楽しめるので

思わずクルクル回してしまいました笑

安田氏いわく繊細な模様を彫るよりこの平らな部分を彫る方が難しいそうな
確かにシンプルゆえに少し間違えるだけでも目立ちやすい箇所ですよね…

こういった裏話を聞くと尚更 この切子硝子の世界の凄さに圧倒されます。

 

そして今回は嬉しいことに
『西村 めぐみ氏』にもお会いして少しお話をすることができました。

個人的にはパンフレットに掲載されていたお皿が気になったのですが
前期の展示品だったらしく惜しくも実物は見れず💦
(展示会は前期と後期で分かれてあるそうで展示品も入れ替えるそうです)

 

次こそは見てみたいな~と悔やみつつちゃっかりお買い上げ

今回は2点ほど素敵な切子グラスをお持ち帰りしてきました!!!

販売開始までもうしばらくお待ちくださいね。